2018.03.11

FC琉球に入った播戸竜二
「これまでの20年以上のものを得る予感」

  • 高村美砂●取材・文 text&photo by Takamura Misa

ベテランJリーガーの決断
~彼らはなぜ「現役」にこだわるのか
第1回:播戸竜二(FC琉球)/後編

インタビュー前編はこちら>>

 契約延長の話はなく、播戸竜二(ばんど・りゅうじ/38歳)は3シーズン在籍した大宮アルディージャから離れることになった。だが、彼のもとに届いたオファーは、J3のFC琉球からのみ。そこで、播戸は「初めて引退も考えた」というが、いつまで経っても、自分の進むべき道が見えてこない。考えも定まらない。その原因は他にもあった。

 実は、昨年の11月18日。播戸は最愛の母を亡くしていた。子供の頃はもちろん、練習生としてガンバ大阪に加入し、毎日、母の作るお弁当を持って練習に通っていたときから、どんなときも彼の背中を押し、がむしゃらに夢を追い求める彼を笑って支えてくれた、よき理解者だった母を、だ。

 あまりに突然訪れたその別れを、播戸はどうしても消化できず、何かを考えようとしても、すぐに母のことが頭に浮かび、気がつけば涙が流れるという毎日が続いていた。

「あの頃は、お母さんがこの世にいないという……その事実をどう消化すればいいのかわからず、自分のことにまで考えが回らなかったというのが本音だった。だから、大宮から来季の契約がないと言われたときも、正直『そうなんか』っていうだけというか……正直、チームがどうとか、将来がどうとか、そんなことがどうでもよくなるくらい頭が真っ白やった。

 そこから少し時間が経って、12月に入ってからは少しずつ物事を考えられるようになっていたけど、気持ちは一向に決まらない。お父さんは『お前の人生や。お前の思うように好きにやったらええ』と言ってくれたし、弟や妹も『兄ちゃんが引退するって決めたなら止めないけど、でも、やってほしいな』みたいなことを言ってくれて……。お母さんが生きていたら『何て言うのかな』って考えても、答えが聞けないことにまた苦しい気持ちになったり……。

 家族のことも心配やから、少しでも近くにいたいなと思っていたのに、『沖縄じゃ遠すぎるわ』とも考えたし。そんなこんなで、気がつけば12月が終わってた」