2017.10.16

ポドルスキはシュート1本。
ヴィッセルは世界的クラブになれるのか

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 試合後、ポドルスキに前体制との変化を聞くと、「どこかひとつが変わったわけではないので、細かく言うことはできない。ただ、足りないところもあるが、今、我々が結果を出しているという事実を見てもらいたい」と返された。

 手応えがあるのか、あるいは不満を抱いているのか。うまくあしらわれてしまった感は否めないが、ただ、その表情からはシュートわずか1本に終わった自身のパフォーマンスに満足していないことだけはうかがえた。

 結局、眠気を覚えた要因は両チームが置かれた状況よりも、そのスタイル――つまりリスクを取れなかった点にある。それは神戸だけでなく、浦和も同様だ。ともに体制変更後に、バランスを整え、勝ち点を積み上げられるようになってきた一方で、本来の魅力や迫力は失われてしまった。とりわけ神戸には、その傾向がより色濃く反映されていた。

「守備がよくなったし、いいチームになっていると思う。でも、怖さはなかった」

 浦和のとある選手の神戸評だ。

 ビッグネームを獲得し、世界に通じるチームを作り上げる。そんな壮大な目標を掲げるクラブとしては、「いいチーム」では物足りない。来季に向けてさらなる補強が噂されるなか、神戸ははっきりとしたカラーを打ち出し、「怖いチーム」へと変貌できるだろうか。

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事