2017.08.28

強く見えないから強い。
F・マリノスの「勝ちパターン」で王座奪還へ

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 齋藤の折り返しを受けた扇原が深い位置からクロス。これを途中出場のFWウーゴ・ヴィエイラが打点の高いヘッドで合わせてFC東京ゴールを陥落した。その後、昨季得点王のFWピーター・ウタカを送り込み、前線の人数を増やしてきたFC東京に対し、横浜FMはDF栗原勇蔵を投入して5バックにし、この1点を守り抜いた。

 これで横浜は14試合負けなし。しかも、5試合連続無失点というおまけつきである。

 好調の要因はやはり、その守備に尽きるだろう。この試合でも一度はバランスを崩したとはいえ、すぐさま修正し、クリーンシートを達成した。堅守の理由を守護神のGK飯倉大樹はこう説明する。

「試合のなかで一度や二度、ピンチはありますが、そういうところでも自分やボンバー(中澤)も含めて、どうにか守り切れるようになっている。それを今後も継続していきたいし、それがうちらの戦い方。身体を張って、みんなで守って一瞬の隙を突く。そういう戦い方が、ここ数試合で形になっていると思う」

 いわば、忍耐の戦いである。いかにバランスを崩さず、リスクを回避できるか。そして一瞬の隙を逃さずに圧力をかけて、ゴールを呼び込んでいく。圧力をかける役割は左サイドがカギを握り、ゴールを奪うのはポルトガル出身の頼れるストライカーだ。