2017.08.23

満身創痍の日本代表に、福田正博が
熱望する「補強カード」は杉本健勇

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

福田正博 フォーメーション進化論

 昨年9月から始まったロシアW杯アジア最終予選も、8月31日に埼玉スタジアム2002で行なわれるオーストラリア戦、9月5日にアウェーで臨むサウジアラビア戦を残すのみとなった。

残るアジア最終予選2試合に向け、招集が期待されるC大阪の杉本 グループB首位の日本代表は、この2試合のうち1勝できれば6大会連続のW杯出場が決まる。しかし、”王手をかけている”という余裕はない。オーストラリア、サウジアラビアと日本の勝ち点差はわずか「1」なのに加え、今の日本代表が”満身創痍”の状態にあるからだ。

 選手のケガやコンディション不良は、サッカーに限らずどんなスポーツにもついてまわる。ご多分に漏れず、日本代表も最終予選が始まった頃からこの問題に悩まされてきたが、現在ほど主力選手が不安を抱えていることはなかっただろう。

 今夏にメキシコのパチューカに移籍した本田圭佑は、ケガの影響でデビュー戦が8月下旬にまでズレ込み、香川真司は6月に行なわれたシリアとの親善試合で左肩を脱臼し、今はまだ回復の途中の段階。同ポジションを争うはずの清武弘嗣は、右太もも裏を痛めて復帰までまだ1カ月はかかるという。