2017.02.22

J1復帰のエスパルス。順調な
仕上がりにも、消えない「再降格の不安」

  • 望月文夫●文 text&photo by Mochizuki Fumio

 練習試合とはいえ、J1クラブ相手に勝利を挙げたことで、選手たちも自信を深めた。昨季のJ2得点王で、この試合でもゴールを決めたFW鄭大世は、「(J1では)個人の力だけで得点するのは難しいけど、組織で崩していけばチャンスは作れる」と、J1での戦いへの手応えを口にする。

 また、大宮アルディージャに移籍した大前元紀に代わって、今季から背番号10を背負うこととなったMF白崎凌兵が、この日は鄭のゴールをアシスト。大前の穴埋め役を全うし、新シーズンに向けて明るい見通しをこう語る。

「守備でバタバタした場面もあったけど、そこはチームで乗り越えられた。逆に、何度もチャンスを作れたのは大きい」

 開幕までに公開した3度の練習試合で、唯一負けたのは鹿児島キャンプでの京都サンガ戦(J2)だった。しかしそれも、主力組が出場していた時間は2-2のドロー。そうした結果を受けて、指揮官もかなりの好感触を得たようだ。

「昨季と選手がほとんど変わっていないので、選手間の連係が深まったし、戦術も確実に浸透してきた」

練習中、選手個々に細かな指示を与える小林伸二監督(左) このように、J1での戦いに希望が膨らむ仕上がりを見せる清水。ただ、一方で「降格圏を気にしながらの下位争いの可能性もある」といった懸念の声も少なくない。清水に詳しいある解説者は、補強の弱さを指摘する。