2017.01.04

高校サッカー8強。「大本命」
東福岡に付け入るスキはないのか

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 全国高校サッカー選手権3回戦が行なわれ、2連覇を狙う東福岡(福岡県)が鹿児島城西(鹿児島県)を3-0で下し、準々決勝に進出した。

 パススピードの速さ、パスをつなぐテンポのよさ、そしてドリブルでの仕掛け。東福岡の選手個々が見せる高いテクニックは、高校レベルでは頭ひとつ抜けている。DF小田逸稀(3年/→鹿島アントラーズ)、MF藤川虎太朗(3年/→ジュビロ磐田)、MF高江麗央(3年/→ガンバ大阪)と、Jクラブ入り内定の選手を3人も擁することは、何よりわかりやすい能力の高さの証明だ。

高い攻撃力で相手を圧倒し、難なく3回戦を突破した東福岡 東福岡の試合を見ていて、とりわけ際立っているのは、ピッチを左右に横断するサイドチェンジのパスである。

 一方のサイドで細かくパスをつなぎ、相手選手を十分に引きつけたところで、大きくサイドを変える。そして、逆サイドに開いて待ち受けていたウイングが、ドリブルで縦に仕掛けてクロスを上げる。4-3-3というフォーメーションの特性を最大限に生かした攻撃は、東福岡伝統のお家芸と言ってもいい。

 この試合の先制点も、そのお家芸から生まれている。

 試合開始からわずか1分10数秒、右サイドで細かくパスをつなぎ、狭い局面を抜け出した藤川が左へ大きくサイドチェンジ。パスを受けたMF青木駿(3年)がゴール前に正確なクロスを送ると、FW藤井一輝(3年)が難なくこれを頭で合わせた。電撃の速攻だった。