2016.10.17

ミスを恐れず。原口元気の「野性プレー」が
ハリルジャパンの攻撃の形

  • 津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

福田正博 フォーメーション進化論

 日本代表は、10月6日のホームでのイラク戦を2―1で辛うじて勝利し、1月11日にアウェーでオーストラリアと1―1でドロー。4試合を終えて2勝1敗1分の勝ち点7で、サウジアラビア(3勝1分、勝ち点10)、オーストラリア(2勝2分、勝ち点8)に次いでグループ3位につけている。

オーストラリア戦で、アジア最終予選3戦連続ゴールを決めた原口 初戦でUAEに敗れ、イラク戦で苦しみ、オーストラリア戦は先制しながら引き分け。徐々にハリルホジッチ監督の手腕に対して疑問の声もあがってきている。

 そんななか、今月末に日本サッカー協会の技術委員会が監督手腕を検証する会議を開くという。だが、当面は監督更迭という事態に発展しないのではないかと私は考えている。