2016.07.31

J2得点ランクトップ。
V・ファーレン長崎の永井龍って誰だ

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by (c)VVN

 近年、J2での得点実績はストライカーの能力を裏づける、信頼性の高いデータになってきている。たかが2部リーグでの実績、と侮ることはできない。

 昨季J2得点王のジェイ(ジュビロ磐田)は、今季J1でもすでに8ゴールを記録。得点ランキングで言えば9位タイではあるが、彼の出場試合数がコンディションの問題もあって11試合に過ぎないことを考えると、相当な得点力だ。

 また、少し遡(さかのぼ)れば、佐藤寿人(サンフレッチェ広島)はJ2時代のベガルタ仙台で見せた決定力を買われて広島に移籍。後にJ1得点王にまでなっている。

 つまり、J2の得点ランキングというのは、いわば近い将来J1で活躍する可能性を秘めた、有望株の一覧表。決して軽視はできない、重要なリストなのである。

 そんな”ブレイク候補リスト”の中に今季、少々見慣れない名前があることに気づく。

 V・ファーレン長崎のFW永井龍(りょう)。過去、J1でわずか3ゴールしか決めていなかった25歳のFWが、J2リーグ第25節終了時点の現在、13ゴールを挙げ、堂々J2得点ランキングのトップに立っているのだ。

J2の得点ランキングトップに立っている長崎のFW永井龍(背番号9)「プロになって、コンスタントに試合に出るようなったのは今季が初めて。セレッソではなかなか試合に出られず、”サッカー選手をしていない”感じやった。だから、今はサッカーをしていて楽しい。試合に出る喜びがあるというか、ここ数カ月の充実はハンパない」