2016.01.01

ジュビロ・名波浩監督が福田正博に宣言。「J1でも自信はある」

  • 渡辺達也●構成 text by Watanabe Tatsuya
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

解説者・福田正博氏が直撃!
ジュビロ磐田・名波浩監督の本音に迫る(3)

今季、3年ぶりにJ1復帰を果たすジュビロ磐田。指揮を執る名波浩監督は、どんな戦いを見せようとして、どんな目標を立てているのか、解説者の福田正博氏が直撃し、その本音を聞いた――。

名波浩・福田正博対談1回目はこちら>>
名波浩・福田正博対談2回目はこちら>>

今季、3年ぶりにJ1の舞台に戻ってくるジュビロ磐田。photo by Matsuoka Kenzaburo福田 今季は、いよいよJ1の舞台で戦うことになる。チームとして、まず取り組んでいかなければいけないことは何だろう?

名波 第一に、今やっていることの精度を上げること。J1では、守備面においても相当難しくなると思うんですよ。個の力でマークをはがしてくるチームとか、ボールを動かしながら小さな局面でも打開してくるチームとか、そういう攻撃面で力を持ったチームにしっかり対応していかなければいけないな、と。ただ、それほど心配はしていない。うちは(J2でも)ずっとJ1仕様のサッカーをやってきましたから。J2全22チームの中で、それを貫いてやってきたクラブは数チームしかいないと思うんですが、そこには自信を持っています。

福田 メンバー的には、どうなんだろう。そのまま、昨季のメンバーが中心になっていくのだろうか。

名波 基本的にはそうですね。入れ替えなければいけないポジションは、必要に応じて補強していくと思いますけど。

福田 前から仕掛けていくサッカーというのも、変わらずに実践していく?

名波 もちろんです。そのほうが、選手みんなも気持ちよくプレーできると思うので。

福田 そうすると、かなりのハードワークが求められる。梅雨時や夏の暑い時期はかなり大変だと思うんだけど、その辺はどう考えているの?