2013.01.12

【日本代表】カウンターのお手本。
強豪フランスから奪った香川真司のゴール

【福田正博 日本代表スカウティングレポート Vol.28】
国際親善試合 vsフランス 後半43分 香川真司 
○日本 1−0 ●フランス 
2012.10.12 フランス・パリ


 今回は、2012年10月フランス戦の香川真司のゴールを解説します。

 このゴールは、終了間際にフランスのコーナーキックから日本がカウンターを仕掛けて、香川真司がゴールを決めるというゴールですが、ポイントになる選手は3人います。

 ひとり目は、今野泰幸。自陣から長いドリブルをしてパスを出しました。そしてふたり目は、自陣から長いランニングをして、最終的にアシストをした長友。そして3人目はゴールを決めた香川ということになります。

 フランスのコーナーキックからボールを奪って、今野が長いドリブルを仕掛けます。香川も前線にいました。乾も左サイドに残っていて、香川、乾が前線に残っていた。こういう形で残っていたので、右サイドに大きなスペースができていました。

 今野がドリブルで仕掛けた時に、右サイドのスペースに、長友、そして内田も非常に長いランニングをしかけてきました。長友、内田はサイドバックで、90分近くプレイしていますが、非常にタフだということを象徴するようなシーンでした。最終的には内田ではなく長友にパスが出るんですが、このふたりは非常にいいランニングをしていたと思います。

 そして、香川は最初、外で受けるような感じでポジションを取っていたんですが、たぶん長友と内田が(右のスペースに)入ってくるのが分かったんでしょう。ここでポジションを変えます。内側にポジションを取ることによって、相手のディフェンダーも少し中央にポジションを取りました。そして、右サイドに大きなスペースができました。最終的には長友が70メートルから80メートルぐらい、ここのスペースを使うためにランニングして行きました。

 そこを見逃さずに、今野が、ドリブルをしながらもしっかりスペースが見えていました。

 香川の入ってくるタイミング、長友の出て行くタイミング、そして、今野がそこに出すパスのタイミング。これは本当に素晴らしいタイミングだったと思います。そこにいい形でパスが通って、相手のディフェンダーが付いてきていましたが、長友のランニングに最終的にはついて行けずに、長友も、相当厳しいボールだったと思いますが、身体的な能力が高いので、よくここを折り返したと思います。

 そして香川がいい形で内側に入って、パスが右に出ることによって、香川をマークしている選手はここで(長友に出された)ボールを見ることになるので、香川を見失うことになるんですね。結局、最終的には香川が誰のマークも受けずに、長友のパスを受けて、ゴールへ流し込むという形になったんですが、本当に絵に描いたようなカウンターアタックだと思います。

 これは、しっかりした守備から、ボールを奪ったら攻撃に行くという気持ちが強くあったシーンでした。内田、長友の長いランニング、今野のドリブル、そして香川の動き。これらがすべてうまくはまった、見事なカウンターでした。

【ゴールのポイント!!】

1.今野泰幸の持ち運ぶドリブル
2.長友佑都の長い距離のフリーランニング
3.香川真司のゴール前に入る動き

動画はこちら>>

1

関連記事