2012.11.13

【U-19】3大会連続の屈辱。
急速に進んでいる日本サッカーの地盤沈下

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 赤木真二●撮影 photo by Akagi Shinji

3大会連続で世界切符を逃したU-19日本代表。 三度、世界は遠ざかった。

 11月11日、AFC U-19選手権の準々決勝が行なわれ、日本はイラクに1-2で敗れた。U-20W杯への出場権が与えられるベスト4進出を日本が逃すのは、これで3大会連続である。

 何の意外性もない、誰もが予想できる当たり前の結末だった。

 今大会、日本は初戦でイランに敗れると、その後の2試合でも思うようなサッカーができずに、グループリーグを終えていた。辛うじて決勝トーナメント(準々決勝)進出はできたものの、内容の悪さは明らかだった。

 当然、大一番の準々決勝だからといって、突如、内容が劇的によくなるはずもない。悪いなりにでも粘り強く戦い、世界行きのキップをつかみ取ってくれることを期待したが、何も変わることなく敗れ去った。

 過去2大会、同様に準々決勝で敗れているとはいえ、少なくともグループリーグに関して言えば、日本はアジアにおける優位性を示していた。強豪が集まるグループでも地力を発揮し、無敗の1位通過を果たしていたのだ。

 ところが、今大会はグループリーグの段階からもたつき、さすがは日本というようなところを、その片鱗すらも見せられずに終わった。

「あらゆるカテゴリーを通じて、こんなにつまらない日本チームを見たことがない」と、見るに見かねた、あるAFC関係者にはこんなことまで言われる始末である。彼は準々決勝を見ながら、日本を「poor team」と評したのだ。

 同じ準々決勝敗退でも、過去2大会とは意味が違う。世界はさらに遠のいた。それが率直な印象である。