2012.03.05

【Jリーグ】新体制のガンバ、遠藤が例年になく自信満々な理由

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports

 一方、守備はどうなのか?

「コンちゃんとオレは代表でもやっているから問題ないけど、センターバック、サイドバックとの連携は、もうちょい時間が必要かもね。そうは言っても、コンちゃんが入ったことで間違いなく守備は安定するし、結果、失点も減ると思うんで、勝てる試合も増えるでしょ」

 点も取れるが、失点も多いのが、ガンバのサッカー。武器となる攻撃を重視し、その分守備に関しては目をつぶってきた感があるものの、遠藤も一目置く今野の加入で、以前よりは整備されそうな期待感はある。

 今野は語る。
「監督からは、特別なことは言われていないです。唯一、言われたのは、コンパクトにしてくれってこと。まあ、守備に関してはやっていく中で修正して、高めていけばいいんで、そんなに不安はないですね」

 もちろん、チーム全体があうんの呼吸で守れるようになるまでには時間が必要だろう。それでも今野は、FC東京でも自ら率先してディフェンス面の修正を図り、強固な守備網を築いてきた。その統率力をガンバでもすぐに発揮してくれるはずだ。

 こうしてみると、攻守ともにある程度のメドは立っているようだが、本当に不安はまったくないのだろうか。

「強いて挙げれば、ヤットさん(遠藤)のことだけ。ヤットさんがいなくなったときは、さすがに影響が出るでしょ」と今野。日本代表でも危惧されている問題が、ガンバにとっても懸念材料となる。

 そのためにも遠藤不在時、代わりに入る選手を生かすスタイルを確立することが重要だと、今野は話す。

「ヤットさんがいないときに、それをチャンスだと思って新しい選手が出て来て、自分たちがその選手を生かす戦いをできるようにしたい」

 遠藤依存症は、まさにガンバのアキレス腱。タイトル奪取実現のためには、最大のポイントになるに違いない。

 ただ、そんな心配をよそに、当の遠藤は強気な姿勢を崩さない。
「柏はACLもあるし、2連覇は難しいだろうね。たぶん、優勝は名古屋と争うと思うけど、名古屋は組織じゃなく個人主体のチ-ムだから、それで勝ち続けられるかどうか。うちも波はあると思うけど、最後に1位になればいいわけだし、その手応えはあるよ」

 見ている側とすれば、新体制の未知なる指導力や、脆弱な守備に対する心配は尽きないが、例年になく自信満々の遠藤を見る限り、7年ぶりのタイトル奪取は決して不可能なことではないのかもしれない。

関連記事