2012.01.08

【今日は何の日?】東福岡が史上初の三冠

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

第76回高校選手権決勝。雪が積もるピッチ上でも素晴らしい戦いを見せた東福岡と帝京。激しくボールを奪い合うのは、東福岡の本山雅志(右)と帝京の中田浩二(左)。【1998年1月8日】
帝京との雪上決戦を制しての快挙達成

 東福岡が第76回全国高校サッカー選手権で初優勝。インターハイ、全日本ユースに続いて頂点に輝き、全日本ユースの第1回大会(1990年)が開催されて以降、史上初めて高校サッカーの全国タイトル「三冠」を達成した。

「黄金世代」と称される面々が高校3年生だったその年、どの大会も非常にハイレベルな戦いが繰り広げられた。そんな中でも、本山雅志(鹿島アントラーズ入団)を中心に高い攻撃力を誇り、古賀誠史(横浜マリノス入団)や手島和希(横浜フリューゲルス入団)ら攻守に多彩なタレントをそろえた東福岡が、常に他校を圧倒。インターハイ決勝では中田浩二(鹿島アントラーズ入団)や木島良輔(横浜マリノス入団)らを中心とする帝京を4-3で撃破し、全日本ユース決勝でも小野伸二(浦和レッズ入団)擁する清水商を3-2で退けて栄冠を獲得した。

 インターハイ決勝の再現となった帝京との選手権決勝も、東福岡の強さが際立った。国立競技場が真っ白に染まるほどの大雪の中で行なわれ、ピッチコンディションは最悪だったにもかかわらず、本山を軸に華麗なパスワークを披露。得意のサイド攻撃で得点を重ねて2-1で勝利し、3つ目のタイトルを手にした。この圧倒的な成績を受けて、同年の東福岡を高校サッカーの「史上最強チーム」に挙げる人も数多くいる。

1

関連記事