2020.06.01

日本サッカーの未来が懸かった一戦。
窮地を救ったカズの魂の右足

  • 後藤健生●文 text by Goto Takeo
  • photo by AFLO

 試合後、カズは「逆サイドを目掛けて蹴った。イメージどおり」と語ったが、取り巻く記者たちに「ニアサイドに入った」と告げられると、「え、ニアから入ったの?」と問い直し、そして明るく言いきった。

「ま、入ったからいいでしょう!」

 こうしてグループリーグを突破した日本代表は、準決勝で中国との激戦を制し、決勝戦では高木琢也のゴールを守りきって、大会3連覇を狙ったサウジアラビアを下し、見事にアジアカップで初優勝を飾ったのである。

関連記事