2020.03.08

なでしこジャパン最大の危機。
衝突するくらいの意見交換が必要だ

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 かつてこれほどまでに危機感を覚えた試合はあっただろうか――。

 シービリーブスカップ(SheBelieves Cup/アメリカ開催)の初戦で、日本はスペインに1-3と完敗を喫した。衝撃的なのは、スコアではなくその試合内容だ。不用意なパスミスによる失点と、その時間帯の悪さや球際の弱さ、連動性の消失……。マイナス要素を数え上げればキリがないが、重症なのは、戦術云々以前のベースにあるように見えた。

 日本は、ボールを持っている選手に素早くチェックが入るスペインのプレスを前に、スタートからあっけなく飲み込まれ、最初の失点も8分と早かった。スペインの強力な右サイド攻撃という”十八番”で先制点を献上し、序盤から相手に勢いを与えるには、これ以上ないお膳立てをしてしまった。

 スペインの最大の売り攻撃に対して、日本の左サイドバックはまだポジション経験値の浅い遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)だった。試合前から狙われるのではないかという懸念はあった。実際、最初の右サイド攻撃からスコアを許し、その後、気をよくしたスペインは、前半だけで4度、遠藤を揺さぶって好機を作った。