2019.12.16

なでしこのニューフェイスは非エリート。
22歳の異色のゴールゲッター

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 男女ともに韓国で行なわれているE-1選手権の第2戦目、中国との一戦でなでしこジャパンは初戦のチャイニーズ・タイペイ戦の2ゴールに続き、岩渕真奈にとって初めてのハットトリック達成で2連勝し(3-0)、優勝に大きく前進した。

E-1に出場し、新戦力として名乗りを上げた池尻茉由 初のキャプテンを担っている岩渕のゴール量産に目が行きがちではあるが、なでしこジャパンの攻撃に新たな風を吹き込もうとするゴールゲッターがいる。初戦で代表初ゴールを含む2ゴールをマークした22歳の池尻茉由だ。ユース年代で脚光を浴びてきたエリートではないが、2018シーズンになでしこチャレンジリーグ(吉備国際大学Charme岡山高梁所属)で17ゴールを挙げ、得点王になった。

 そんな池尻の活躍が高倉麻子監督の目にとまり、なでしこジャパンに初招集されたのは今年の2月にアメリカで開催されたShe BelievesCupだった。

 “雰囲気のある粗削り”――。彼女の第一印象はこんな感じだった。それぞれのポジショニングが変幻自在のなでしこジャパンに放り込まれて、ピッチで迷子になる新戦力を見るのは珍しくない。むしろ、そこからどう這い上がるかが、生き残りの分かれ目なのだ。

 池尻もデビュー戦では、少なからず困惑が見られたが、ボールを持った瞬間に彼女を取り巻く空気が一変するような局面があった。力強く前を向き、躊躇なくシュートを放つ。卓越した技術でパスを紡ぎ出すタイプが多い現在の代表メンバーの中で、異色の存在に見えた。

 突然迎えたデビュー戦で、対峙したのは世界女王のアメリカ。池尻にとっては衝撃的だった。

「キックの質、空中戦の高さ……、自分が予想していたよりもはるかに上でした」

 それでも絶妙な動き出しからDFライン裏へのパスを引き出すなど、池尻の得意とするプレーから決定機を作るも、本人の自己評価は「30点」と厳しかった。これもまた彼女らしい一面だ。

 当時はワールドカップまで3カ月というタイミングもあって、このアメリカ遠征のあとは代表から遠ざかっていた。そして、再びチャンスが巡ってきたのが、11月に行なわれた「なでしこチャレンジプロジェクト」だった。今後を見据えた戦力の底上げという大きなテーマもありつつ、指揮官にとっては来年に迫る東京オリンピックに向けて「切り札となるピースの探求」という側面もあった。