2019.06.17

トルシエが怒って教えたフラット3。
中田浩二はスプーンの動きを反復

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

「よく怒られていましたね(苦笑)。トルシエ監督によく言われていたのは、ラインを揃えて上下すること、相手が前を向いたときは3メートル空けること。動きは直線的ではなく、『スプーン』と言って、弧を描いて動くとか。ほんと細かく言われました。しかも練習が独特。ボールを転がしてやるというよりも、トルシエ監督がボールを持って動くシャドートレーニングがほとんどで、それを反復して体で覚えていく感じだったんです。僕はセンターバックの経験がなかったので、動きを覚えるのに必死でした」

 中田は、”フラット3”を組む手島と辻本と、呼吸を合わせるためによく話をしたという。このタイミングで上げると決めたら一生懸命に上がり、常に横を見ながらバランスを取っていた。ただ、”フラット3”は3人でできる戦術ではない。前線の選手がプレスに行き、チーム全体が連動しないとラインを上げることができない。

中田(写真左)はフラット3を組む手島(同中央)、辻本(同右)とよく話をした photo by Yanagawa Go

「ナイジェリアの本大会前は実戦が1試合しかなく、しかも前線との共通理解もそこまでできていなかった。でも、トルシエ監督には『ラインを上げろ』って言われる。そこでけっこう相手にやられたんで、不安はかなりありましたね。正直、こういうディフェンスが通用するのかなぁって半信半疑でした」

 不安が大きかった”フラット3”。だが、大会に入ると形になってきた。中田もボランチのときに見せていた彼らしいプレーを見せ、それがチームにとって大きな武器にもなった。

「ボランチよりもひとつ後ろのポジションにいることで、余裕を持ってボールを持てるようになりました。そこから縦につけるボールや、(相手の)裏にボールを出すことができた。そこは自信を持ってやれていましたね」

“フラット3”の守備が試合を追うごとに安定し、日本はグループリーグを突破した。