2018.10.18

大迫勇也に刺激された堂安律。
「オランダに帰ってバチバチ練習したい」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 森保ジャパンの始動から3戦目となったウルグアイ戦、強烈に印象づけられたのは次世代の台頭だった。ロシアW杯をはじめ、これまでの大会では代表入りすることができなかった選手たちが、新監督の就任とともにチャンスを得た。勢いよく、弾けるように飛び出してプレーする姿はフレッシュそのものだった。

 その中心にいるのが、ウルグアイ戦で2列目に入った堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)の3人だ。

 また、この試合では、1トップの大迫勇也(ブレーメン)が、相変わらずのうまさと強さでボールを収めてくれることも、彼らの前向きの姿勢を大きく助けていた。それによって3人は無理をすることなく、前を向いてゴール前に入っていくことが可能になった。大迫や両サイドバックの協力も、なくてはならないものだった。

ウルグアイ戦で代表初ゴールとなる3点目を決めた堂安律 3人の中で、唯一の東京五輪世代である堂安は、この日、日本代表での初ゴールを決めた。59分、コーナーキックからの流れのなかから、堂安は自ら相手ボール奪い、酒井宏樹(マルセイユ)につないだ。そしてゴールに向かってエリア内中央へ走り込むと、冷静に状況を見極めた酒井は堂安にリターン。日本にとっては、この日2度目の勝ち越し点だった。

 試合後の堂安は、早口の関西弁で喜びを語った。

「決勝点ではなかったけど、大事な得点を獲れた。これから一生残るゴールになったと思う」

 できればそのゴールで試合を決定づけたかったという悔しさをにじませるあたりが、堂安らしいところだ。