2018.07.02

批判集中のGK川島永嗣は「自分も
チームを助けなければいけない」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Fujita Masato

 川島永嗣はポーランド戦後、ピッチで涙を流したという。それも仕方がないかもしれない。コロンビア戦、セネガル戦と、ここまで決定的なミスが相次ぎ、チームをピンチに陥れてきたからだ。プレッシャーもあっただろうし、批判も耳に届いていた。

「それはこの立場、このポジションにいる以上、いろいろなことを言われるのは仕方ないし、正しく批判されているところもあるし、正しくなく批判されているところもあると思う。でも、それを覆せるのは、結局、自分しかないですし、何より監督がこういう形で信頼してくれて、チームメイトも含めて信頼してくれているという、その気持ちに応えなきゃいけないというのが自分にはあった。やっぱり戦っているのは自分だけじゃないし、そのなかでチームに貢献したいなという気持ちでした」

ポーランド戦では落ち着いたプレーを見せた川島永嗣 西野ジャパンの立ち上げの頃から、川島は微妙なプレーが絶えなかった。初陣となったガーナ戦では、長谷部誠との連係ミスから相手にPKを献上。相手DFを倒してしまうという最悪のシーンだった。慣れない3バックのトライアルを行なった試合ではあったが、システムが不調だった以上に、川島の状態が懸念された。

「(W杯に入ってからの)この3試合というよりは、やはりこの新しいチームになってから、自分のパフォーマンスにはまったく満足してなかった」(川島)

 川島の意識のなかには、このガーナ戦のパフォーマンスが残っていったのだという。続くスイス戦では、後半29分、カウンターを狙って早いタイミングでスローイングを試みたが、これが見事に相手選手の足元へと届いてしまった。直接、失点にこそつながらなかったものの、「川島、大丈夫か?」と言わざるを得ないシーンだった。