2018.05.28

ハリルの「冷遇」を乗り越えた武藤嘉紀。
招集外でもW杯と言い続けた

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Takashi Aoyama/Getty Images

 サプライズがない、新鮮さがない、ハリルホジッチ時代と代わり映えしない……。それが西野ジャパンのもっぱらの評判だ。そんななかで数少ないフレッシュな存在といえるのが武藤嘉紀だろう。ハリルホジッチが監督であれば呼ばれていなかったかもしれないからだ。

ガーナ戦を前に日本代表合宿で汗を流す武藤嘉紀 武藤が最後に代表に招集されたのは、昨年10月に国内で行なわれたニュージーランド戦、ハイチ戦だった。W杯切符をつかんだ予選終盤のオーストラリア戦は、招集されたもののベンチ外。予選最終戦のサウジアラビア戦でも出番はなかった。そして昨年11月と今年3月に行なわれた欧州遠征には招集されていない。つまり、比較的重要と見られる試合や合宿にはことごとく呼ばれていないのだ。

「もう、どうしたらいいのかわからないよね……」と、頭を抱えることもあった。

 タイプ的な難しさもあったのかもしれない。ハリル時代のシステムでは、1トップは大迫勇也が不動の存在。右の攻撃的MFとして考えてもベテランの本田圭佑、岡崎慎司、若手の久保裕也、浅野拓磨がおり、武藤は視野に入ってこなかったようなところがある。

 ただ、それでもドイツで取材をしている者の感覚としては、ブンデスリーガの1部でそれなりの結果を出している選手がなぜ招集されないのか、不思議に思わずにはいられなかった。

 2017~18シーズンの武藤は、マインツで自身最多の8得点を挙げる活躍を見せている。しかも、2016~17シーズンもそうだったのだが、チームのブンデス1部残留を決める重要な試合でゴールを決めており、精神的なプレッシャーがかかるなかで仕事のできる選手だということを証明した。