2018.05.14

杉山・浅田両氏が西野ジャパンを
熱烈選考。「大島僚太中心の代表に」

  • text by Sportiva photo by Fujita Masato

どうなる?西野ジャパン~杉山茂樹×浅田真樹(後編)

前編を読む>>
──おふたりが考える、望ましい西野ジャパンのメンバーを、具体的に挙げていただけますか。

浅田 個人的に言えば、とにかく大島僚太(川崎F)を中心にチームを作ってほしいところです。日本的というか、ポゼッションを高めることを考えているのであれば、余計にそう思います。

日本代表の中核メンバーになることが期待される大島僚太
杉山 日本人の売りは何かといったら、技術なんですよ。で、どう見ても一番うまいのは大島なんです。それをどう使うか。長谷部誠(フランクフルト)のポジションで大島を使うのかどうか、という問題はある。確かにフロンターレではそのあたりのポジションでやっているけど、右ウィングもやったことがあるし、大島のベストポジションはどこなのかというのは実はまだよくわからない。

 おそらくワンボランチのアンカー役としては大島ではないと思うんです。当然、ダブルボランチだったら、片方は大島で、片方はどちらかというと固いタイプの人。組み合わせにもよるんだろうけど、大島は使わない手はないですよね。

 ハリルホジッチの一番の失敗は大島です。最終予選の最初のUAE戦(1-2で敗戦)で初めてスタメンで出すと、PKを与えちゃって、それからもう呼ばなくなった。あの試合に抜擢したということは、ハリルホジッチは大島を買っていたわけですよ。ハリルホジッチの悪いところは、そこで失敗した後、育てることを放棄したんです。

 その後、E-1選手権で召集して中国戦で先発させたら、別のチームになったかのようなしっとりとした雰囲気の試合を30分したけれど、大島はそこでケガをしてしまった。ハリルホジッチは徹底的に大島と相性が悪かったわけです。