2017.10.12

袋叩きのハリルJをハイチ代表は絶賛。
「コスタリカにも勝つと思う」

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 テストの相手としては、想像以上に悪くなかったと思う。ハイチ代表との親善試合が決まった際は疑問の声も聞こえたが、他の大陸でのW杯予選が最終局面を迎えていることを考慮すれば、FIFAランク48位のカリブの国を招待したのは最善に近い選択だっただろう。

倉田秋と競り合う、大阪生まれのハイチMFエリボー 彼らは北中米カリブ海予選の第4ラウンドで敗退しているが、同グループを突破したコスタリカとパナマは続く5次予選で共にロシアへの切符をつかんでいる。特にコスタリカは、前回のブラジルW杯で8強に残った強豪だ。

 その2チーム相手にも接戦を演じたハイチは、10月10日の横浜でも日本と競り合った。代表招集は3月のゴールドカップのプレーオフ(ニカラグアに敗北)以来で、全体練習は2日しか取れなかったという。

 チームには20歳前後の若手も多く、連係不足と緊張からか、序盤はプレー精度の低さが目立った。しかし、徐々に落ち着きを取り戻していくと、2点のビハインドから一度は逆転。終了間際に失点して白星こそ得られなかったものの、パワフルかつスピーディな逆襲や、見事なスーパーゴールなど、日産スタジアムを訪れた観衆を大いに楽しませた。