2017.09.04

あの岡野雅行が明かす「秘密兵器として
W杯最終予選でプレーする重圧」

 
 8月31日のW杯アジア最終予選、オーストラリア戦で日本代表が2-0で勝利し、6大会連続のW杯出場を決めました! 

 過去、W杯予選で一度も勝利したことがなかった因縁の相手に対して、先制点を決めた浅野拓磨選手や井手口陽介選手、攻守にわたって存在感を示した乾貴士選手など、これまで出場機会が少なかった選手が活躍しました。残る9月5日のサウジアラビア戦にも勝って、いい形で予選を締めくくってほしいですよね。

A代表で12試合目の出場となった豪州戦で、先制ゴールを決めた浅野 photo by Takahashi Manabu 今回、6回目となるW杯出場権を獲得した日本代表が、初めてW杯への切符をつかんだのは今から20年前、1997年のこと──。そのときもまた、対戦相手にとって”データが少ない”出場機会の少なかった選手がW杯行きを決める活躍をしていました。フランスW杯最終予選のイラン戦で決勝ゴールを決め、”ジョホールバルの歓喜”の立役者になった岡野雅行さんです。

 94年に浦和レッズに入団した岡野さんは、「犬より速い」という超快速FWとして脚光を浴び、プロ入り1年目にして日本代表に招集されました。そして、フランスW杯のアジア予選でもメンバーに名を連ねることになるのですが、今回、W杯PR番組『たけうっちFC』に出演してくださった岡野さんに、当時の舞台裏をお聞きすることができました。