2016.10.21

吉田麻也が「新しいサッカー」と語る
ハリルホジッチ流に未来はあるか

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 一方、攻撃面はカウンターから奪った先制ゴールは素晴らしかったが、なかなか追加点が取れなかった。かみ合わない攻守は、UAE戦、タイ戦でも露見し、キャプテンの長谷部誠は「このままではダメだ」と言って険しい表情を浮かべた。吉田も、同じ思いなのだろうか。

「う~ん、攻撃については、攻め方を考えないと......。イラク戦は劇的な勝ち方で、ハッピーエンドで終わりましたけど、もっと効果的な攻め方を見出していかないといけない。サイドからの攻め方をはじめ、(前線の選手が)ボールを裏でもらうのか、足もとでもらうのか。裏だけじゃダメだし、それらをバランスよく、うまく使い分けていかないといけないんですが、そこがうまくいっていない」

 攻撃に関して、吉田は前半、ロングボールを多用した。イラクは前への圧力は強いが、長いボールに対してボールウォッチャーになる傾向があって、サイドを幅広く使った攻撃が有効だというスカウティングを得ていたからだ。

「(事前情報から)前半は、裏にボールを出すのを狙っていた。でも後半は、相手の動きが落ちてきたので、ロングボールは減って、足もとにつけられるようになった。それも、バランスですね」

 ロスタイムに入ると、選手間の判断でパワープレーに参加した吉田。その際は、前線でポイントになることを心がけ、その効果もあって、山口の決勝ゴールが生まれた。