2016.09.03

こんな上司はイヤだ。言い訳ばかりの
ハリル監督に見る日本の弱体化

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 W杯アジア最終予選の初戦となるUAE戦。試合前からかなり悲観的な見方をしているつもりではいたが、実際の試合は想定していた悲観の範囲をも上回る、厳しい結果に終わった。

決定機を生かせず、点をあおぐ香川真司 0-0か、1-1。割り切って守りを固めることのできるUAEに対し、日本が攻めあぐんだ結果の引き分けは、かなりの確率で起こりうると想像できた。

 あるいは、0-1。引き分けほど確率は高くないにしても、このくらいの悪い結果なら十分に予想の範囲内だった。

 しかし、開始11分という早い時間に、それもセットプレー(FK)から先制するという理想的な展開に持ち込みながら、逆転されて1-2で敗れるとは、ちょっと考えていなかった。

 しかも、UAEは最初から最後までベタ引きで、自陣の深い位置に砦を築いていたわけではない。逆転して以降は守備を固め、時間稼ぎをし、なりふり構わぬ逃げ切り策に入ったのは確かだが、それまでは至ってノーマルに日本と組み合っていた。

 つまり、UAEは奇策を用いたわけでも何でもなく、日本と"普通に戦い、普通に勝った"わけである。昨年のアジアカップ準々決勝で敗れた試合と比べても、印象はかなり悪い。明らかに両者の実力差が詰まっていることを示す負け方である。

 およそ1年にもわたる最終予選を戦ううえで、この事実は極めて大きい。