2016.05.28

ひどすぎたトゥーロン。リオ五輪へ向けU-23代表に残された大きな宿題

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by MEXSPORT/AFLO

 U-23日本代表が出場していたトゥーロン国際トーナメントは、グループリーグの全日程が終了。日本は最終戦でイングランドに0-1で敗れ、通算成績1勝3敗の勝ち点3でグループB(全5カ国)の4位に終わった。

1勝3敗で大会を終えたU-23日本代表 過去に何度も、この大会に出場する日本の年代別代表を見てきたが、正直、ここまで酷い試合が最初から最後まで繰り返された例は、他に記憶がない。

 2008年以降は、U-23日本代表がオリンピックイヤーに出場するのが恒例となっているが、北京五輪、ロンドン五輪当時と比べても収穫の少ない大会だった。

 単に、1勝3敗という数字だけの話ではない。むしろ同じような内容の試合を繰り返し、3つも負けたことのほうが問題だ。

 日本は4試合戦い、唯一勝てたのは、0勝4敗3得点14失点でグループ最下位となったギニアだけ。試合ごとの成長もさして感じられず、目の前の試合を不思議なほど淡々とこなしていた。

 だからこそ、決して勝てないことはない相手(というより、勝ってしかるべき相手)に3敗も喫したのである。