2016.05.12

オーバーエイジ不要!? ガーナ戦で光った浅野&富樫の2トップ

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 何とも物足りない、気が抜けるような試合だった。

 リオデジャネイロ五輪を目指すU-23日本代表がガーナ代表とテストマッチを行ない、3-0で勝利した。五輪本大会でナイジェリアと対戦することを踏まえ、アフリカ勢を招いての強化試合だったが、その効果は期待薄。緩慢な動きが目立つ相手に対して、次々とチャンスを作れてしまう試合はある程度予想できたこととはいえ、本番を想定した予行演習には程遠かった。

 選手からも「もっと身体能力を生かしたプレーをしてくるかなと思ったが、当たり負けもせず、こっちのペースで試合ができた」(MF橋本拳人/FC東京)といった、拍子抜けする声が多く聞かれた。

 今回対戦したガーナは、一応A代表ということにはなっている。だが、来日メンバー17名のうち、日本と同じ1993年以降生まれ(23歳以下)の選手が12名もいて、実質的にはU-23代表にオーバーエイジの選手を少し加えたといった構成。しかも、ガーナ国内でプレーする選手ばかりのうえ、「所属クラブの事情で招集できない選手もいて、ベストメンバーで来られなかった。初めてガーナ国外でプレーした選手もいた」(マクスウェル・コナドゥ監督)というのでは、仕方のないところだろう。

 むしろ、遠路はるばる日本までやってきて、前半30分までに0-3と大きく点差が開いてもなお、試合を投げることもなく、最後まで真剣に戦ってくれたことに感謝しなければならないのかもしれない。