2016.03.29

U-23代表、スポルティングにドロー。存在感示した新メンバーは?

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 手倉森ジャパンにとって、リオ五輪アジア予選突破後、初めての活動となったポルトガル遠征。アジア王者の称号をひっさげて、今度は世界と戦う準備の旅に出たことになる。対戦したのはロンドン五輪王者であるメキシコの五輪代表と、ポルトガル有数のビッグクラブ、スポルティングのBチームという、申し分ないマッチメイクだった。

メキシコ戦と6人を入れ替えたスポルティング戦のU-23先発メンバー 初戦の相手メキシコには2-1と勝利。メキシコは日本戦の後に行なわれた「ポルトガル戦に重きを置いていたようだ」と手倉森誠監督は語っていたが、そのポルトガル戦も0−4と大差で敗れている。ただし主力を数人欠いており、本大会にメキシコがこの姿で現れるとは限らない。

 それは日本も同様だろう。第2戦は若手中心のスポルティングBに1-1の引き分け。悪くない結果を出したが、このまま本大会で通用するほど甘くはない。

 スポルティング戦はメキシコ戦と正反対の展開になった。メキシコ戦から先発を6人入れ替えた日本だが、前半はスポルティングBに試合を支配され、なかなかボールを奪えない時間が続き、10分にPKで失点。後半になってスポルティングは次々とU-19の選手を投入する。すると日本はしだいに盛り返し、76分に原川力のPKで追いついた。