2015.08.03

北朝鮮戦の本当の敗因。チームを修正できないハリルホジッチ

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Fujita Masato

 国内組で占められる今回のハリルジャパンは、7月29日にJリーグの試合を戦っていた。北朝鮮戦は移動込みの中3日。しかも現地、武漢は滅茶苦茶暑い。

 ハリルホジッチは大会前から日程に苦言を呈し、苦戦を予言していた。試合後の会見でも再三、その点について言及した。

「スタートは良かったが、フィジカル的な問題を抱えていることは決定的だった。走れない選手が何人かいた。日本のサッカー界で責任ある立場にいる人は、今日、何が起きたかをしっかり見届ける必要がある。これが真実。日本サッカー界の現実なのです」

 こんな日程でサッカーをやらせる日本サッカー界は低レベルだ。ハリルホジッチはそう言ったも同然の台詞を吐いた。

北朝鮮に敗れてピッチを去るハリルホジッチ監督 Jリーグの日程と折り合いをつけられなかった人たちを恨めしく思う気持ちは大いに分かる。そのとばっちりを受けることになったハリルホジッチがひと言、言いたくなる気持ちもよく分かる。

 この日のスタメンを見れば、3試合で多くのメンバーをテストするつもりがあることが見て取れた。つまり、フィジカル的な問題を抱える中で、あえてコンビネーションに不安を抱えているメンバーで戦ったわけだ。