2014.05.13

青山敏弘、代表入り。「5番手」からの逆転劇はなぜ起きたのか

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 ブラジルW杯に挑む日本代表メンバー23名が発表された。

 なかでも大きな話題となっているのは、FW大久保嘉人(川崎フロンターレ)の"サプライズ選出"だが、一般的にはそれと同等か、それ以上の驚きをもたらしたのが、MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)の選出だったのではないだろうか。というのも、青山は日本代表にずっと定着していた選手ではなかったからだ。

Jリーグで結果を残して、W杯メンバー入りを手にした青山敏弘。 ザッケローニ監督が就任して以降、日本代表のボランチは遠藤保仁(ガンバ大阪)、長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)のふたりが不動のレギュラーとして据えられ、細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)がバックアッパーの一番手として控えるという状況が続いていた。

 そんな"序列"に変化が生まれるきっかけとなったのが、昨年7月の東アジアカップである。

 日本が初優勝したこの大会で、ボランチとしてMF山口蛍(セレッソ大阪)とともに初選出された青山。とはいえ、先に脚光を浴びたのは山口のほうだった。試合終了間際のゴールで韓国を下しての初優勝という劇的な結末に、ほとんどの選手が歓喜する中、当時、青山だけは浮かない様子でこんなことを話している。

「半分うれしいけど、半分悔しい。(チームの)結果だけ求める大会でもないし、(自分が代表に残っていくために)プラスアルファの結果も残さなきゃいけなかったんだろうけど、それはできなかったんで」

 この大会でMVPに選ばれた山口は以後、代表に定着。昨年11月のベルギー遠征(2-2オランダ、3-2ベルギー)では2試合連続で先発出場するなど、不動のレギュラーを脅かすほどに、ザッケローニ監督からの信頼を得るようになっていた。