2014.05.08

ザックジャパンの窮地を救うのは、闘莉王しかない

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

ブラジルW杯開幕がおよそ1カ月後に迫る中、日本代表は”緊急事態”を迎えている。ずっとチームの主力だった長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)、内田篤人(シャルケ/ドイツ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が、いまだ戦列を離れたままだからだ。もちろん、彼らが復帰できれば何ら問題はない。しかし、もしも負傷が完治しなかったらどうするのか。たとえ、ケガが治ったとしてもベストな状態でプレイできなかったらどうするのか。5月6日にWeb Sportivaで掲載した『長谷部、内田、吉田不在のベストメンバーを考える』に引き続き、日本サッカーに精通するジャーナリストに提案してもらった。

不測の事態となれば、闘莉王の招集もある!?欧州”負傷組”の穴をどう埋めるべきか(2)
杉山茂樹氏の提案

 長谷部誠、内田篤人、吉田麻也。従来のスタメン3人は、はたして本大会に間に合うのか。微妙な状況だと言われている。だが、W杯メンバーを決める前に、テストマッチをこなして、新戦力を探る機会も、新たな組み合わせを試す場も、もうない。

 ザッケローニ監督は、スタメンを固定して戦ってきた。長谷部、内田、吉田の3人にしても、必ずと言っていいほどスタメンで起用してきた。積極的に他の選択肢を求めようとはしなかった。そうしたやり方をしてきた結果、本番直前にして、不安が募る状況を招いてしまったわけだ。

 その危機管理能力は、最低レベルにある。代表チームの監督を務めたことがない”悲しさ”を露呈している格好だ。

 まず、もし長谷部が間に合わなかった場合はどうするか。これまでの流れからすれば、スタメンで起用される可能性が高いのは、山口蛍だ。しかし、僕の見立てでは、長谷部が備えているオーガナイザー的(チーム全体を見る目)な要素は、山口よりも青山敏弘(サンフレッチェ広島)や高橋秀人(FC東京)のほうが持ち合わせていると思う。山口は、交代選手としてアクセントをつける側に回るほうが向いている。