2013.12.12

堅守ギリシャ。その牙城を崩すカギは、本田圭佑にあり

  • 中山 淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

ブラジルW杯ベスト8への道
対戦シミュレーション(3)ギリシャ

 ブラジルW杯のグループリーグ第2戦で日本が対戦するのは、FIFAランキング12位(12月11日現在)のギリシャ。同じグループのコロンビアやコートジボワールのようにスター選手がいるわけではないが、組織力が高く、初優勝を遂げたEURO2004から受け継がれている"堅守速攻"は、今も健在だ。今回の欧州予選でも、10試合中8試合が無失点。失点はわずかに4という数字から、それは証明されている。

選手ひとりひとりが粘り強い守備を見せるギリシャ。 欧州予選では、ボスニア・ヘルツェゴビナに得失点差でグループ首位の座を譲ったが、強敵ルーマニアとのプレーオフでは、2試合トータル4-2(ホーム3-1、アウェー1-1)で勝利。ここ一番の勝負強さは相変わらずで、FIFAランキングでイングランド(13位)を上回っているのも頷(うなず)ける。

 最大の特長は、選手全員が基本に忠実で、90分間のハードワークを惜しまないところにある。取り立ててテクニックに優れた選手がいるわけではないが、個々のフィジカルとスピードはヨーロッパの強豪国と肩を並べる。また、闘争心やプレイの粘り強さを前面に出す選手がそろっており、それがチームとしての色になっているのだ。

 基本システムは、4-1-4-1。ディフェンスラインが自陣の深くに構えて、相手を引きつけてからボールを奪取。そこから一気にカウンターを仕掛ける戦法が最大の武器だ。しかも、国内組の選手を中心にレギュラーがほぼ固定されているので、守備の連動性はかなり高いレベルにある。その強固なディフェンスは、まさしく「難攻不落」という言葉が相応しい。

 その守備の中心となっているのが、ソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント/ドイツ)と、ディミトリス・シオバス(オリンピアコス/ギリシャ)の長身センターバックコンビだ。強さを前面に出す、典型的なヨーロッパ型のDFで、空中戦の強さは申し分ない。