2013.10.23

93年のドーハ。DF勝矢寿延を奮い立たせた「ふたり」とは?

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • photo by AFLO

 迎えた試合当日、先発メンバーから、勝矢の名前は消えていた。左サイドバックには、三浦泰年が入った。

「あれ? オレは?っていう感じでしたね。今まで自分は何をやってきたのか、自問自答しましたよ。あのときの(メンバー発表の)ことは、今でも鮮明に覚えています。普通はメンバーから外されるときって、なんとなくそういう布石があるものじゃないですか。それが、全然なかったんですよね、あのときは……。自分のサッカー人生の中で、いちばんショックが大きかった瞬間だったかもしれない」

 そうは言っても、チームではラモスに次ぐ、ベテランである。最終予選に向けてドーハへと出発するときには、勝矢の気持ちはすっかり切り替わっていた。

「『勝矢では左サイドバックは無理』という烙印を押されたわけですから、仕方がありません。それでもう、余程のことがない限り、試合に出ることはないだろうと思いました。ならば、このチームで自分ができる仕事を精一杯やろうと思って、ドーハに乗り込んでいきました」

 勝矢は練習で使用する用具を率先して運び、トレーニング中は声を出して、チームの雰囲気を盛り上げた。宿舎でも、あらゆる選手の部屋を訪ねて、いいムードを作っていこうと心掛けた。だが、肝心の予選で、日本は結果を出せなかった。初戦のサウジアラビア戦を0-0で引き分けると、2戦目のイラン戦は1-2で敗戦。6チーム中最下位に沈み、日本は崖っぷちに追い込まれた。

 勝矢の部屋に電話がかかってきたのは、そのあとだった。3戦目の北朝鮮戦の前日、トレーニングに出発する直前に、清雲コーチから呼び出された。

「勝矢、監督室に来い」

 早速、オフト監督の部屋に向かって、ドアを開けると、オフトが笑顔を浮べてこう言った。

「勝矢、(試合に出る)準備はできているか?」

 勝矢は瞬時にサムアップして、笑顔で返した。

「おお、(準備は)できているよ!」

 負けられない大事な一戦で、ついに出番がきたのだ。ポジションは、もちろん左サイドバック。与えられた役割は、北朝鮮の攻撃の起点となっていた、右サイドバックのキム・グァンミンを抑えることだった。

「プレッシャーはありましたよ。もう負けられない試合で、相手のキーマンである選手を止めろ、と言われたわけですから。もし僕が(キム・グァンミンを)止めらないで試合に負けたら、すべてが終わってしまいますし。だからオフトは、笑いながら『準備はできているか』と言って、僕をリラックスさせてくれたんでしょうね」

 試合前日の練習のときには、都並が勝矢のもとにやってきた。

「ついに出番がきたな。もう、(左サイドバックは)カッちゃんしかいないんだからな!」

 都並の激励に、勝矢は奮い立った。

「おお、やるよ。やってやるよ!」