2012.08.04

【五輪代表】いよいよ準々決勝。関塚ジャパンは『鬼門』を突破できるか!?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by JMPA

 トゥーロンでの対戦時は、セットプレイから相手を簡単にフリーにして決勝点を与えたが、幸いにして、オーバーエイジの吉田麻也を加えた現在のチームに、そうした不用意な守備の対応は見られない。

 また、関塚隆監督が当時、「攻守においてサイドのスピードが違う」と話していたように、エジプトの右サイド(日本から見た左サイド)からの攻撃にかなり手を焼いたが、ここもまた、オーバーエイジの徳永悠平が確実に穴をふさいでくれている。ロースコアゲームに持ち込み、相手の運動量が落ちてくる試合終盤に勝負。それができれば、日本の勝利の確率は高まるはずだ。

 ホンジュラス戦を終えた直後、権田修一がこんなことを話している。
「(報道陣の)みなさんは(準々決勝の相手が)ブラジルでなくてよかったと思うかもしれないが、じゃあ準決勝のことを考えてやればいいなんて思ったら、簡単にやられる。この3試合同様、気持ちを込めて臨まなければならないと思う」

 権田の言葉通り、まずは準々決勝を確実に突破すること。メダル獲得の可能性を語るのは、その後でいい。

関連記事