2012.04.30

【なでしこ】
澤穂希がスタメン復帰も、常勝・神戸が上昇チーム狭山に苦戦

  • 早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko
  • photo by Hayakusa Noriko

INAC神戸のホームでの狭山戦でスタメン復帰した澤穂希
「まだ試合勘はさすがに戻らないですね」と語る澤穂希の表情は明るかった。3月のポルトガル遠征で良性発作性頭位めまい症を発症してから約2カ月、なでしこリーグ第3節でスタメン復帰を果たした。それは自身で想定していた45分を超える61分間のプレイだった。

 硬さと緊張と、サッカーができる喜びが混じり合った前半。いきなり澤がヘディングでボールを競り合う。気合いは十分だ。しかし、「ソヨンとの中盤での守備のバランスが悪くて……。後手後手に回ってしまった」と澤も振り返るように、前半には、チェックをかけきれなかったり、動き出しが遅れたことで3人に囲まれる場面が見られるなど、本来の”試合勘”を取り戻すまでにはもう少し時間が必要だ。

 28分にはAS狭山の村岡夏希とのヘディングで激突し、頭同士がぶつかり合うシーンもあったが、プレイを続行。後半には、積極的に前線へ飛び出し、GKとの1対1にも恐れることなく突っ込んでいった。

「今はサッカーができることがうれしい。今日の反省を生かして、来週からの試合につなげたいです」と、課題を口にしながらも、やはりその表情にはピッチに戻れたう喜びがにじみ出ていた。

「前半は、良くも悪くも澤が入ったことで、ペースが崩れた。長く試合をしていないからお互いにバランスが悪かった。でも、結果的には澤が抜けて2失点しているので、やはりそこは澤の”影響力”なのかもしれません」(神戸・星川敬監督)

 星川監督は、選手たちには、「澤が戻ったときが、本当の開幕戦だ」と言ってきた。その澤が先発に復帰するまで回復し、「ここからは上がっていくだけ」(澤)の状態になった。後半の15分間はまさに本来の力の片鱗をうかがわせるようなプレイも見られ、次戦へさらに期待は高まった。

 試合は予想通りINAC神戸が持ち前の展開力を駆使してチャンスを作る。先制点は4分。入団4年目にして初ゴールとなった高良亮子のミドルシュートだった。その後、37分にルーキーの京川舞が、53分には再び高良が加点するも、苦しい内容だった。