2022.05.12

日本ハム退団で蘇ったハングリー精神。楽天・西川遥輝「野球人として一度死んだ身。はい上がるしかなかった」

  • 田口元義●文 text by Taguchi Genki
  • photo by Koike Yoshihiro

好調・楽天の不動のリードオフマン

 西川遥輝は日本ハムに在籍していた昨年から、楽天に対して偏見も固定観念もなかった。

 今シーズンのチーム防御率2.40(成績はすべて5月11日現在/以下同)が示すように、投手陣のレベルが高いことは知っている。だから、より彼らに安定感をもたらすべく、外野守備では「捕れる打球は絶対に捕ってやる」と、神経を研ぎ澄ませてバックアップする。

今季から楽天でプレーする西川遥輝今季から楽天でプレーする西川遥輝 この記事に関連する写真を見る  その守備の意識は、走塁でも生かされる。

 通算319盗塁。4度のタイトルを手にするスピードスターは、常に先の塁を見据える。「自分はそこまで肩が強くはない」という自覚は、裏を返せばポジショニングや打球の追い方、スローイングの精度といった自身と、相手守備の冷静な分析へと直結するのである。

「活躍できるような選手は、みんな持っている能力だと思います」

 この言葉に矜持がにじむ。

 西川はしかし、それを自分だけの成果にすることなく楽天に還元する。春季キャンプから培った技術を惜しげもなく伝えながらも、「そこは(外野守備走塁担当の)佐竹(学)コーチが若手を熱心に指導されているから、結果としてつながっているんじゃないかなって」と調和を重んじる。チームの盗塁数はすでに、45だった昨年の半分以上の32。本人は控え目だが、効果は数字が物語っている。

 バッティングでも出色の働きを披露する。

 打率.293、29得点、出塁率.439。1番バッターに求められる数字がリーグ上位に名を連ねるどころか、24打点、得点圏打率.444、長打率.534、OPS.974と、クリーンアップをも凌駕する勝負強さを発揮する。

 リードオフマンとして流れをつくり、チャンスではクラッチヒッターとして役目を果たす。この下地となっている数字が、フォアボールだ。リーグ1位の30は、それだけボールを見極められ、西川が攻撃の要としてタクトを振れていることの証左でもある。

「ただ打てない球を振ってないだけだと思います。打てると思った球をしっかりとコンタクトできているっていうことですね」