2022.05.11

高木豊がセ・リーグの新外国人選手を4段階で評価。開幕戦で救援に失敗した阪神ケラーの課題も指摘

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Kyodo News

 開幕から1カ月以上が過ぎ、各球団に加入した新外国人助っ人の成績も明暗が分かれはじめている。セ・リーグはパ・リーグに比べると新加入の外国人選手が少なく、コロナ禍の影響で調整が遅れていた選手も多いが、そのなかで評価が高いのは誰なのか。

 かつて大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊氏が、球団ごとに【◎、〇、△、×】の4段階で新助っ人たちの働きぶりを評価した。

※高木氏に取材した時点で一軍での出場がない選手、出場試合数が少ない選手は評価を省略。また、育成選手は評価の対象外。

開幕戦でセーブに失敗した阪神のケラー開幕戦でセーブに失敗した阪神のケラー この記事に関連する写真を見る ***

広島【○】

《新外国人助っ人》

●ドリュー・アンダーソン(投手:右投げ)

●ニック・ターリー(投手:左投げ)

●ライアン・マクブルーム(内野手:右打ち)

※取材時点でアンダーソンとターリーは一軍での出場がなかったため、評価を省略。

「マクブルームは、なかなかいいと思いますよ。4番に座っているとどうしても鈴木誠也(現シカゴ・カブス)と比べられてしまいますが、しっかりとした形を持っているし、性格がまじめ。それと、本人が『今、野球をやっていて一番楽しい』と言うぐらいなので、チームメイトともうまくいっているんだと思います。

 打率はあまり高くないですが、そこそこ打点を挙げていますし、まずまずのスタートが切れたと思います。ホームランを30本打てるような打者ではないと思いますが、打点を稼いでくれるとチームとしては大きいです。

 今はファーストを守っていますが、レフトを守っている時もありましたよね。ポジションはファーストで固定すると、より打ちやすくなるんじゃないでしょうか」