2021.10.28

優勝したオリックス不動の1番・福田周平。二軍降格時「中嶋監督からあの言葉がなかったら、今の僕はなかった」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

「最初の判断を間違えちゃうと、捕れる打球も捕れなくなります。前だ、と思ってその瞬間に前へ行ったら後ろの打球だった、なんてこともありました。だから、ひとつ間を置いて考える時間が僕には必要だと思っています。ボールがバットに当たって、前だ、と思う前の『ホンマに前か?』という、ほんのちょっとの時間。僕は反応に任せてすぐに行こうとしちゃうんで、外野を守る時にはとくにその間が大事だと思いました。

 内野を守る時はその間はいらないんです。バットに当たった瞬間、右か左か、後ろか前か、すぐにわかる。でも外野は打った瞬間よりも少しあとに判断しないと、前か後ろかわからない。その一瞬の間が大事だと考えるようになってからは、判断を誤ることが少なくなりましたね」

 バファローズが抱えていた1番不在、センター不在を、福田というピースが埋めた。その潜在能力を引き出したのは、やはり中嶋聡監督の慧眼だった。しかも、じつにいい塩梅の気配りも効いている。福田がこう明かした。

「じつは開幕直後の登録抹消を告げられたとき、中嶋監督に『オレはおまえを必要としている。いずれ必ず必要になる時がくるから、その日までファームでしっかり調整して、自分のプレーができるようにしておいてくれ』って言ってもらったんです。もし監督のあの言葉がなかったら、ファームでネガティブになっていたかもしれませんし、今の僕はなかったと思います」

 バファローズが最下位からのリーグ優勝を果たし、中嶋監督が宙を舞ったのには、やはりそれだけの理由が揃っていたのである。

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』好評発売中!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事