2021.08.11

ロッテ佐々木朗希が語る自身の成長と大谷翔平。「僕も常識を覆すようなパフォーマンスを見せたい」

  • 中村計●取材・文 text by Nakamura Kei
  • photo by Sankei Visual

プロ2年目のシーズンを迎えたロッテ・佐々木朗希。前半戦でデビュー戦を含む5試合に登板し、5月27日の阪神との交流戦ではプロ初勝利を挙げた。後半戦を控えた"令和の怪物"に、自身の成長や課題、大谷翔平(エンジェルス)に対する思いなどについて語ってもらった。

2021年シーズン前半戦、甲子園でプロ初勝利を飾ったロッテ・佐々木朗希2021年シーズン前半戦、甲子園でプロ初勝利を飾ったロッテ・佐々木朗希

――今シーズン前半戦に登板した5試合で、ヤクルトの村上宗隆選手、ソフトバンクの柳田悠岐選手という、プロを代表するスラッガーにそれぞれホームランを打たれています。日本ハムの斎藤佑樹投手が、プロの打者のすごさを肌で感じて、「ストライクをとれなくなった」と話していたことがあるんです。そういう感覚って、あるものですか。

「どちらも明らかな失投だったので。村上選手の時は、コースが悪かった。あと、投げた時に、ぜんぜん力が伝わっていなくて。柳田選手は高校時代からテレビで見て実力のあるバッターだということはわかっていましたし、投げた瞬間、甘いと思ったので」

――ホームランを打たれても、悔しそうな顔、しないんですね。

「ベストボールを打たれたのなら悔しいですけど、投げた瞬間、打たれるよな、って思ったボールだったので」

――デビュー戦の時からそうでしたが、ずいぶんと落ち着いていますよね。フォアボールで崩れることもなく。

「3月の初の実戦登板の時は緊張したんですけど、シーズンに入ってからは、緊張していても慌てるとかはなかったと思います」