2021.05.27

ラミレスが考えた「巨人のベストオーダー」。悩める井納翔一のトリセツも明かした

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――4番については「打線の中心であるから不動のほうがいい」という考え方と、「状態に応じて臨機応変に起用すべき」という考え方もあるように思います。ラミレスさんは「あるべき4番打者の姿」とはどのようなものだと思いますか?

ラミレス あまりにも調子が悪くて結果が出ない時には見直す必要もあるかもしれないけど、理想を言えば、僕も「4番は不動であるべきだ」と思います。ただ、巨人は迷う必要がないでしょう。岡本がしっかりと4番として存在感を発揮していますから。ヤクルトの村上(宗隆)もそうですよね。去年、僕が佐野(恵太)をDeNAの4番として使い続けたのも、そういう思いがあってのことでした。

――6番以降はどのような打順が理想でしょうか?

ラミレス 私なら、6番に打てる捕手として大城(卓三)を起用して、7番・若林(晃弘)、8番・吉川(尚輝)、そして九番にピッチャーという打順が今のジャイアンツにはいいと思いますね。まとめると、こんな感じの打線が理想じゃないかな?

1.梶谷隆幸(右)
2.ウィーラー(左)
3.丸佳浩(中)
4.岡本和真(三)
5.スモーク(一)
6.大城卓三(捕)
7.若林晃弘(遊)
8.吉川尚輝(二)
9.投手

【「井納翔一」のトリセツは?】

――先ほども話に出ましたが、エースの菅野投手の離脱は巨人にとって、かなりの痛手ではないでしょうか?

ラミレス 去年までの菅野だったら、かなりの痛手だったと思いますよ。でも、今年の菅野には例年のような安定感は感じられない。調子のいいゲームと悪いゲームの差がハッキリしています。去年までなら、彼が投げる試合は75%は勝っている感じだったけど、今年は50%ぐらいのイメージ。高橋(優貴)、戸郷(翔征)、畠(世周)、サンチェスらで菅野の穴は埋められるでしょう。