2021.02.05

廣岡達朗が巨人とソフトバンクの差を熱弁「誰がチームの中心なのか」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

 廣岡氏が考える巨人の中心選手とは「亀井善行と菅野智之」だという。しかし、その菅野も一時期はポスティング申請によるメジャー移籍に揺れた。だからこそ、菅野に対して「死ぬまで巨人を愛して強くしろ」とゲキを飛ばす。では、ソフトバンクの戦い方は廣岡氏の目にはどのように映ったのか。

「工藤公康監督は3年連続、通算で5度目の正力松太郎賞に選ばれました。私が西武の監督だった頃、工藤はまだまだ粗削りな若手でした。マウンド度胸は抜群だったけど、小器用なところがあったので、二軍では首脳陣の目を盗んで手を抜くことを覚えるだろう。そう考えて、ずっと一軍で私の手元で育てました。入団3年目には、"ハングリー精神を学ばせたい"と思って、マイナー・リーグに野球留学もさせた。そうした経験が現在の指導にきちんと活きていますよ」

 現役時代、西武を経て、ダイエー、巨人、横浜、西武と多くの球団を渡り歩いて見識を広めた工藤監督の野球観に対する、廣岡氏の評価は高い。

「工藤監督が身を置いてきたさまざまな環境が、現在の彼の血となり肉となっています。野球理論の豊富さ、選手を見る目の確かさ、いずれも監督として必要な要素を兼ね備えている。これからの野球界は《工藤モデル》が一つの理想の形になるんじゃないのかな」

 現在の野球界において、廣岡氏の理想とする球団運営のあり方がソフトバンクであり、理想の監督像こそ工藤公康なのだということがよく伝わってくる。

「2021年も巨人には何も期待できないけど、ソフトバンクはまだまだ成長しますよ。組織として、チームとして、戦術として、まだまだ伸びていく。それは間違いない」