2021.01.05

三浦大輔×鷲見玲奈の対談。監督就任の思い、期待の選手、FA話などを語った

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takash
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

鷲見玲奈連載:『Talk Garden』 第7回
ゲスト:三浦大輔(横浜DeNAベイスターズ監督)

昨年から連載が始まった鷲見玲奈さんの連載企画。第7回は、今季から横浜DeNAベイスターズの監督に就任した三浦大輔さんをゲストに迎えた。プレーヤーとしては、横浜ひと筋で25年。ファンからも絶大な人気を集める三浦監督に、今季にかける意気込みなどについて聞いた。

対談を行なった三浦大輔監督と鷲見玲奈さん対談を行なった三浦大輔監督と鷲見玲奈さん

鷲見 監督就任、おめでとうございます。まずは正式にオファーを頂いた時の気持ちを聞かせて頂けますか。

三浦 南場智子オーナーからお話をいただいたのですが、自分は覚悟をしていたし、「責任をもってやらせてもらいます」という返事をさせてもらいました。正直、その瞬間は気持ちが昂りましたね。

鷲見 2016年シーズンで引退して以来、いつかは監督にという思いはあったのですか?

三浦 ゆくゆくは指導者として監督になりたいという思いはありましたよ。実際、声をかけていただいて、いよいよだなって。

鷲見 では、迷いはなかったのですね。

三浦 はい。プレーヤーとして1998年に日本一になっているんですけど、もう一度このチームで優勝したいと。今度は監督という立場ですが、あの時のように選手やスタッフ、そしてファンの皆さんと一緒に横浜の街を盛り上げたいという思いが強いですね。

鷲見 さすが番長、熱いですね。人一倍責任感も強いイメージですが、プレッシャーはありますか?

三浦 まあプレッシャーもありますけど、初めてのことなので不安も大きいです。どう戦うか思い描いていることはありますが、うまくいくことは少ないんだろうなって。スムーズにいくならば苦労はしないわけですから。