2020.11.06

井端弘和が明かす巨人移籍時の本音。
山田哲人のFAについても言及

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Sankei Visual

──中日ドラゴンズに新しく加入させたい選手はいますか?(「りょうたろう」さん)

「挙げ出したらキリがないですね(笑)。どの球団もそうでしょうけど、巨人のエース・菅野(智之)や、オリックスの山本(由伸)のような投手が欲しいですよ。

 ただ、今シーズンの中日の大きな課題は、二遊間の打撃面だったと思います。セカンドの阿部(寿樹)、ショートの京田(陽太)も打率が2割5分前後。これが2割7分ぐらいになると、巨人とも対等に戦えるんじゃないかと。FA権を取得したヤクルトの山田(哲人)が加入するなんてことがあったら面白いですが、まずは現在の選手たちの奮起に期待します」

──井端さんが巨人のフロントだとしたら、FA権を取得した山田選手を獲りに行きますか?(「いいバッター」さん・東京)

「球界を代表するセカンドのひとりですし、フロントだったら欲しいことは欲しいですけど、今の巨人のセカンドは吉川(尚輝)でいいと思います。今シーズンはケガなく安定したプレーを続けていて、北村(拓己)、増田(大輝)、若林(晃弘)といった他の若い選手たちも成長している。僕ならば現状の選手たちで戦いたいと思うでしょうね」

■「アライバ」初の共著!
『アライバの鉄則 史上最高コンビの守備・攻撃論&プレー実践法・野球道・珠玉の対談 (マスターズメソッド シリーズ)』(廣済堂出版)

詳しくはこちら>>

関連記事