2020.10.22

スーパーカートリオVS八重樫幸雄。
ダントツNo.1で俊足だったのは? 

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Nikkan Sports/AFLO

【とにかく牽制死が多かった屋鋪要】

――それぞれのバッターとしての特徴はわかりました。走塁に関して、3人の違いはありましたか?

八重樫 タイムだけで言えば、一番足が速かったのは屋鋪じゃないかな? 直線の速さや加速してからのスピードはケタ違いだった。だけど、ベースランニングやスライディングなどの盗塁技術は他の2人に比べると落ちる印象があって、ピッチャーのクセを盗んだりすることも得意じゃなかったと思うよ。

――バッティングにしても、走塁にしても、身体能力が優れすぎているがゆえに、本能でプレーしてしまっていたんでしょうか?

八重樫 そういう部分は感じられたな。3人の中で、よく牽制に引っかかるのも屋鋪だったし。よく挟まれてアウトになっていたよね(笑)。

――確かに、牽制死とか、コーチの制止を振り切って暴走して、ホームで憤死していたイメージがありますね(笑)。

八重樫 ただ、とにかく足は速かった。走力だけならダントツで屋鋪がナンバーワンなのは間違いないよ。

――では、博一さんと、高木豊さんの走塁はどうでしたか?

八重樫 どっちが速いのかな? ヒロカズかな? でも、豊のほうが若かったから......。いずれにしても、どっちも速かったよ。ヒロカズも豊も、ともに走塁の技術も優れていました。

――八重樫さんの記憶の中で、3人の誰かを刺した会心のプレーはありますか?

八重樫 屋鋪かな? いつのことだったか忘れたけど、うちのピッチャーが尾花(高夫)で、ノーアウトで出塁した屋鋪が初球で走ったんだよね。尾花はクイックもうまいし、球種もストレートで、スローイングしやすい球だったんです。自分の捕球態勢、送球態勢、いずれも完璧だったから余裕でアウトになった。アレは会心のプレーだったよ。