2020.10.13

DeNAは社会人No.1右腕の一本釣りか。
不振、故障者続出の投手陣に必要

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 今西はなんといっても身長200センチという規格外のボディーが魅力。これまで190センチを超すサウスポーが日本で成功した例は、残念ながら皆無に等しい。しかし今西は、抜群のボディーバランスと器用さ、優れた野球センスという点でこれまでの超大型左腕とはモノが違う。もしかしたら数年後、とんでもない投手になっている可能性は大いにある。

 もし4位までに佐々木健(NTT東日本/左投左打)が残っていれば、獲得するのもありだ。プロで通用するだけの球威、パワーは誰もが認めるところだが、"暴れ馬"と言われるほどの荒れ球をどう評価するかだ。ただ、佐々木の荒れっぷりは神奈川大時代の濱口とダブる。

 その暴れ馬を見事に"調教"してみせたのがDeNAだ。ノウハウは絶対にあるはずだ。細かいコントロールというより、ストライクゾーンに決められるようになれば、それだけで勝負できる投手である。こういう投手が本物になった時は手がつけられない。

 補強ポイントを挙げればキリがないが、今年はなんとしても即戦力投手である。来季を見据えた戦いはすでに始まっている。

関連記事