2020.02.21

奥川恭伸のオバケまっすぐに驚愕。
ブルペン捕手「吹きあがってくる」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike yoshihiro

 キャンプでの奥川の様子を見ると、すっかりチームに溶け込んでいることが実感できた。

「先輩のほうから声をかけてくださり、すごくありがたいです。練習のあと、一緒に温泉にも行きましたけど、まだ緊張します(笑)」

 いざグラウンドに足を踏み入れると、練習の合間に何度もシャドーピッチングを繰り返す奥川がいた。その姿を見ていると、単純に投げることが好きなのだろう。奥川に尋ねと、「はい、好きです」と返ってきた。

「ただ、野球が好きかとなると、緊張したりするのでまた難しくなるんですけど……投げたり、守ったり、バットを振ったりすることは楽しいです。今はノックを受ける時間が一番楽しいです。

 投げるのは、本格的に始めるとどうしても(感覚や調子の)波が出てくるので、悪くなったりすると楽しくなかったりもしますけど、こうやって投げない期間が続くと、やっぱり投げたいなと思うんですね(笑)」

 そうして「ブルペンはキャンプ中に入れたら……と思っています」と言って、すぐに「このキャンプ中に入りたいです。投げたいです」とすぐに訂正した。

 奥川のボールを見れば、期待値は無限に広がる。しかし、とにかく今はケガなく、順調に体づくりをしてほしいと切に願うのである。

関連記事