2020.02.21

奥川恭伸のオバケまっすぐに驚愕。
ブルペン捕手「吹きあがってくる」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike yoshihiro

 ヤクルトの二軍キャンプ(宮崎県西都市)では、1月の新人合同自主トレの時と変わらない奥川恭伸を見ることができた。奥川に初めてのキャンプについて聞くと、「まだ慣れないです(笑)」と口にしていたが、ハードな練習のなかでも、投げる時や走る時の姿勢の美しさ、そして野球に向き合う姿勢は何ひとつ変わっていなかった。

「ちょっと待って。ウワッ、速い! とんでもないオバケ真っすぐだよ」

右ひじの炎症によりスロー調整を余儀なくされたヤクルトのルーキー・奥川恭伸 第3クール初日。奥川のキャッチボールの相手をした小山田貴雄ブルペン捕手が思わず声をあげた。奥川は右ひじの炎症で、合同自主トレの途中からノースロー調整となっていたが、キャンプから投球を再開していた。

「自主トレでキャッチボールをした時も"すごい"と思ったのですが、さらにすごくなっているんです。腕も振れていて、ボールが落ちてこないですし、こっちに向かって吹きあがってくるんですよ(笑)。回転数が多く、ボールの強さも増している。今の段階であれだけのボールを投げられるんですから、もっと腕が振れた時にどうなるのか......本当にすごい真っすぐですよ」(小山田ブルペン捕手)

 その翌日は室内練習場でのキャッチボールとなり、奥川の"真っすぐ"を至近距離から見ることができた。ゆっくりと左足を上げ、少し静止してから放たれたボールはクッと浮き上がり、美しい軌道を描いてミットに収まる。