2020.02.21

奥川恭伸のオバケまっすぐに驚愕。
ブルペン捕手「吹きあがってくる」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike yoshihiro

 小野寺力二軍投手コーチは「タイムをまとめられることでもわかるように、本当に修正能力がすごいです」と話す。

「練習で『こうしたほうがいいんじゃないの』と言うと、すぐに実現できるし、今の動きのどこがよくてどこが悪かったのかを聞くと、きちんと答えられる。そういう感覚がすばらしいんですよね。今回、西都での12分間走では競う選手がひとりいましたが、結果的にその選手も置いていってしまった。負けたくないという競争心が感じられたこともよかったですね」

 そして小野寺コーチは、奥川について「キャッチャボールしか見ていませんが」と前置きして、次のように語った。

「藤川球児のように空振りの取れる真っすぐというか、体にしなりがあり、腕の柔らかさもあります。ボールのスピンは魅力的だし、投手としてのセンスがあって、身長もある。ただ、腕の振りにまだ体がついていっていないので、どうしても肩やひじに負担がかかってしまう。奥川には『まずは下半身をつくって、バランスよくやっていこう』という話をしています。

 正直なところ、どんな投手になるのか想像できません。奥川自身が思い描く投手像もあると思いますし、そこに近づけるため、いや、それ以上になれるようにサポートしたいですね。そこは責任を持って、まずはケガをさせないようにやっていきたいです」