2019.12.06

栗山監督が明かす吉田輝星育成法。
「ヒントはオリックスの山本由伸」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

―― 吉田輝星投手の1年目は、どのように考えていますか。

「これはね、アイツの能力を最大限引き出すのにどうすればいいかを考えているんだけど、じつは山本(由伸)のことがヒントになったんですよ」

―― オリックスの山本投手ですか?

「そう、山本って最初は短いイニングから入って、先発に回ったじゃない。輝星の場合も、短いところから入るという設計図もアリなのかなって。真っすぐの力はあるんだし、短いイニングのなかで強い真っすぐを思いっ切り投げさせたほうが、アイツの能力をめいっぱい引き出せるんじゃないかと......。ただ、ここはまだぼんやりしていて、ハッキリとはわからないんですけどね。いずれにしても、結果を残さないと一軍に上がれないって思ったりすると変化球に頼ってしまいます。そうじゃなくて、輝星の場合は甲子園のときのようなアウトコースへの強い真っすぐを、バシャーンと投げ切れなかったら、持ち味は発揮できませんからね」

後編につづく

関連記事