2019.12.04

期待のヤクルト新人トリオが猛練習。
凡事徹底と個性を磨き激アピール

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

「このキャンプでは、自分の底上げをテーマにしています。打撃、守備、走塁と全部の技術を高めたい。自分の核となる『これ』というものをつかめれば、調子が悪い時でも対応できるんじゃないかと思っているんです。打撃については、直したいポイントがあって、そのことで体の使い方もすべて変わってくるので、いろいろと考えながら取り組んでいます」

 シーズン中、宮本慎也ヘッドコーチが中山についてこう語っていた。

「もしかしたら、中山が若い選手のなかで一番伸びるんじゃないかと思うんです。彼は(野球を)知らないことを自覚している。だから、人の話を素直に聞くことができる」

 そのことを中山に伝えると、「バカなだけです(笑)」と言って、こう続けた。

「自分はアドバイスのすべてが正解と思っていますし、そのなかで自分に合うものを見つけられたらと思ってやっているだけです。なによりも、指導者の方が言ってくださったことが、自分でも『足りない』と感じていたことと一致していたんです。だから、『やっぱりそうだったんだ』と素直に受け入れやすい部分もありました」

 3人はシーズン終了後、休む間もなくフェニックスリーグ、松山キャンプに突入し、朝から日が暮れるまで練習に励み、思う存分、体を動かしていた。

「フェニックス、松山と続き、プロはこんなに練習するんだって思ったんですけど、やれるだけやりたいし、まだまだできます。一度きりの人生ですからね。オフの期間は(母校の)大学で練習をする計画も立てています」(中山)

「いま取り組んでいることをウインターリーグ(台湾)で試すことができるのでラッキーですよね。来年、バッティングでどんな成績を出せるのか楽しみですし、守備や走塁も実戦で試せます。それを来年1月の自主トレにつなげられたら、また成長できるんじゃないかと思っています」(吉田)